セルフイメージを変える

サブリミナル効果とエボリミナル効果の音響プログラム。僅か2週間で自己実現する人が続出!→【潜在意識をコントロールする音響】

セルフイメージが劇的に変わる環境

セルフイメージというものを知っていますか?そして、このセルフイメージというものが自分の人生を決めているとしたらどうしますか? 潜在意識に少なからず興味があってお越し頂いていると思いますので、セルフイメージという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

セルフイメージが今の現実を創っている

多くの人が自分を変えるため、人生をより良い方向へ向けるため自己啓発の本を読んだりセミナーに参加したりします。

自己啓発の本を読んだ後は「よし!今日から潜在意識を変えて思い通りの人生を生きるぞ!」とやる気満々ですが、すぐに冷めてしまう。

もし、何度も続かない経験をしたことがれば、この先に書いてあることが答えになるかもしれません。

成功の本や潜在意識を書き換える本を何冊も読んで頭では理解しているのに、変わらないのはセルフイメージについて理解ができていない所が大きな原因になっています。

セルフイメージとは、自分で自分のことをこういう人間だと思い込んでいる自画像のことです。

自分が自分自身に対する思い込みをセルフイメージと呼んでいます。

このセルフイメージは、イマジネーションの次元にあります。

そして、例外なく全ての人が、この自分に対する思い込み通りの人生を送っています。

例えば、自分は物事が続かない、すぐに諦めるというセルフイメージを持っていたとすれば、高額なセミナーや潜在意識を活用する書籍を何百冊読んでも続かないのです。

今の現実は、自分で自分のことを「私はこんな人だ!」という思い込みによって創られtれいるのです。

顕在意識では、自分は変わると思っていても、潜在意識に刷り込まれたセルフイメージが変われないと思っているとブレーキがかかってしまいます。

すぐに諦める性格だから、今のセフルイメージがあるのではなく、すぐに諦めるというセルフイメージを持って生きてきたから、その通りの自分になっているのです。

必ずイマジネーションの次元にあるセルフイメージが先なのです。

お金持ちだから心が豊かなのではなく、心が豊かだからお金持ちなのです。

このセルフイメージに多くの人は「現実はこうあるべきだ!」と制限をかけています。

どうせなら「自分の望むことはすべて可能だ!」というセルフイメージを持ちたいですね。

ですから、今持っているセルフイメージを手放し、新しい理想の自分書き換えることがとても大切なのです。

セルフイメージは環境で劇的に短時間で変わる

実は、このセルフイメージは、ある条件下に置かれると簡単に短時間で書き換えられるものなのです。

セルフイメージが劇的に短時間で変わった例として、1971年にアメリカのスタンフォード大学で実際に行われたスタンフォード監獄実験というものがあります。

esという映画にもなっています。

擬似刑務所を作って、その刑務所の中で囚人役と看守役に分かれて2週間ほど演じ続けるという実験が行われました。

囚人役と看守役を演じる役者は、拘束時間2週間と4000マルクの報酬が条件の新聞広告で募集した一般の人たちでした。

囚人役と看守役に振り分けられ、それぞれ与えられた役になり切り過ごすのですが、最初のうちは囚人役と看守役の間には何の問題もなく穏やかな雰囲気で実験は経過していくのですが、その後、些細ないざこざから囚人役と看守役の対立が少しづつ大きくなっていきました。

囚人役と看守役の対立に危険を感じ実験を中止させようとしましたが、すでに看守役の男たちを止めることができない状態になっていました。

この実験は、最終的に死者2名を含む多数の死傷者を出す惨劇へと変わっていきました。

限られた空間で、芝居を演じて報酬をもらって帰る。ただ面白いバイトをやろうと思っただけなのに、普通に生活している一般市民がわずか数日で殺人者になるのです。

ほんの数日で自分は看守だというセルフイメージに変わってしまっているのです。

演じて、感情を味わい、そのように振る舞えば、セルフイメージはこれほど簡単に書き換えられるのです。

理想の自分を演じて、感情を味わい、なりきって振る舞うとセルフイメージは徐々に理想の自分へと変化していきます。

さらに、スタンフォード監獄実験では、置かれた環境が大きく影響していますので、自分の周りが億万長者だらけ、会う人が全て大富豪だとしたならスタンフォード監獄実験と同じように強烈な影響を受け、セルフイメージの書き換えが加速するのです。

自分の周りの環境を変えて、理想の自分になりきり演じ続けるとセルフイメージは、演じ続けている理想の自分が本当の自分だと思い込むのです。

でも、周りには億万長者など一人も居ないし、人脈もコネもないのにどうやって見つければいいんだと思いませんか?

人脈なし、コネなしでも成功者の影響を大きく受けることができる良い方法があります。

セルフイメージを書き換える最適な方法

世間で成功者と呼ばれる人達と知り合いになれなくても、成功者と呼ばれる人の話を聴くことはできます。

それは、成功者の音声を聴くことです。

成功者が講演会やセミナーなどで話している音声をCD化したものがあります。

成功者の言葉を聴くと成功者の影響をダイレクトに受けますし、なにより成功者のポジティブな話を聴いている間はネガティブな発想は生まれないのです。

交通機関を利用した通勤時間や、車の運転中、または寝る前などぼーっと考え事をしている時、マイナスな事を考えてしまいやすい時に、成功者の音声を聴くことはマイナスな感情を排除するためにとても有効だと思います。

ビジネスコンサルタントの神田昌典さんも、「カセットテープが奇跡を起こす」と言われているほど、成功者の音声を聴きまくっていたそうです。

うまくやってきた一番の理由は「テープを聴く習慣」だそうです。

成功者の音声を日常の中で聴く回数を増やせば増やすほど、成功者の影響を大きく受けセルフイメージが変わっていくのです。

一回聴いて終わりではなく、同じものを何度も何度も繰り返し聴くことが大切です。

是非、毎日の日課にして習慣化してみてください。

頑張らないで力を抜いて、自然にポジティブな思考に徐々に変化していきます。

お勧めのCDはジェームス・スキナーさんの「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版がお勧めです。

ジェームス・スキナーさんの影響によるセルフイメージの書き換えにお役立てください。

毎日、たった30分聴く習慣を身につけるだけで、1ヶ月で15時間成功者の影響を受けることになります。

友達や知り合いに成功者が居て何度も会っていると自然に影響を受けてしまいます。

一緒に食事していても、ちょっとしたしぐさや行動を真似している自分がいます。

CDを聴くことが目的ではなくて、毎日聴くことで、成功者のセルフイメージを自分のセルフイメージに書き換えていくという感じです。

荒っぽい言い方をすると、成功するための手法やテクニックはどーでもよくて、成功すると決めることが一番重要だと気付きます。

実際に、たくさんの著名人が、ジェームス・スキナーの影響を受けて理想の現実を手に入れています。

  1. 「鏡の法則」の野口嘉則さん
  2. ドクターシーラボ・ネットプライス池本克之さん
  3. 「宝地図」の望月俊孝さん
  4. 「儲けを生み出す悦びの方程式」の小阪裕司さん
  5. 「お金の聖書」の清水康一郎さん
  6. スポーツメンタルコーチの白石豊さん
  7. 「生年月日の暗号」の佐奈由紀子さん
  8. リッツカールトンホテル日本支社長の高野登さん
  9. 「感動力」の平野秀典さん

他にも多くの人達が、ジェームス・スキナーさんの影響を受けて成功しています。

かなり脳ミソが刺激されますのでジェームス・スキナーさんのCDを手に入れてみてください。

あと、YouTubeで自分のセルフイメージを変えれそうな動画を観てどんどん刷り込んでいくのもいいですね。