鏡の法則

深く傷ついた心を癒すことで、自分に掛けてきた制限が外れ、迷うことなく望む方向へ進んで行けるようになります。→【インナーチャイルドを癒すメッセージ】

鏡の法則

幸せ成功力コーチの野口 嘉則さんが、人生のどんな問題も 解決する知恵「鏡の法則」という記事を書かれています。 子供さんのいじめで悩まれている方、対人関係で悩まれている方に、 ぜひ読んでいただきたいお勧めの記事です。

いじめを克服する鏡の法則

鏡の法則は、いじめに遭っている息子をもつ主婦Aさんが、いじめを 克服するまでを記録した実話に基づくお話です。 私は読んでいる途中、2回泣きました。 目から涙も鱗も落ちる内容です。 心に響きますよ〜。

野口 嘉則さんのHP 人生のどんな問題も解決する知恵 『鏡の法則』

人生のどんな問題も解決する知恵「鏡の法則」 野口 嘉則さん (このお話は実話ですが、登場人物の職業などを多少変えて ストーリーを設定しています)

A子(主婦、41歳)には悩みがあった。 小学校5年生になる息子が、学校でいじめられるのだ。 いじめられるといっても、暴力まではふるわれないらしい。

友達から仲間はずれにされたり、何かあると悪者扱いされたり することが多いようだ。 息子は、「いじめられてるわけじゃない」と言い張っているが、 息子を見ていると、寂しそうなので、A子は胸が痛むのだ。

息子は野球が好きなのだが、友達から野球に誘ってもらえないので、 学校から帰ってきたら一人で公園に行って、壁とキャッチボールをしている。 2年くらい前には、息子が友達といっしょに野球をしていた時期もある。

当時のことなのだが、A子が買い物の帰りに小学校の横を 通りかかったときに、グランドで息子が友達と野球をしていた。

息子がエラーをしたらしく、周りからひどく責められていた。 チームメイト達は、容赦なく大きな声で息子を責めた。 「お前、運動神経がにぶ過ぎだぞ!」「お前のせいで3点も 取られたじゃないか!」「負けたらお前のせいだぞ!」

A子は思った。

「たしかに息子の運動能力は高くない。しかし、息子には息子の いいところがある。とても心が優しい子なのに。」 A子は、自分の息子のいいところが認められていないことが、悔しかった。 そして、ひどいことを言うチームメイト達に対して、自分の息子が 笑顔で謝っているのを見るのが辛かった。

その後まもなく、息子は野球に誘われなくなった。 「お前はチームの足を引っぱるから誘わん」と言われたらしい。 息子にとって、野球に誘ってもらえないことが、一番つらいようだ。 A子へのやつ当たりが目立って増えたことからも、それがわかる。

しかし息子は、辛さや寂しさを決して話してはくれなかった。

A子にとって一番辛いのは、息子が心を開いてくれないことだった。

「僕は平気だ」と言い張るばかりなのだ。

A子が、「友達との上手な関わり方」を教えようと試みても、 「うるさいな!ほっといてよ」と言ってくる。 「転校しようか?」と持ちかけた時は、「そんなことをしたら、一生うらむよ!」 と言い返してきた。

息子の状況に対して、自分が何もしてやれないことが情けなく、 A子は無力感に陥っていた。

そしてある日、学校から帰宅して公園に行ったばかりの息子が、 不機嫌な顔で帰ってきた。 「何があったの?」と聞いても、「何もない」と言って教えてくれない。 真相は一本の電話で明らかになった。

その夜、親しくしているご近所の奥さんから電話がかかってきたのだ。 「A子さん、○○○君(A子の息子の名前)から、何か聞いてる?」

「えっ?いいえ」

「今日、公園でうちの下の子どもをブランコに乗せていたのよ。 ○○○君は、いつもの壁にボールを投げて遊び始めたわ。

するとね、○○○君のクラスメイトらしい子たちが7、8人くらいやって来てね、 『ドッジボールするからじゃまだ!』って○○○君に言うのよ。

しかも、その中の1人がボールを○○○君にぶつけたのよ。 ○○○君、すぐに帰っていったわ。 私としては、その場で何もできなくて、申し訳なかったと思ってね。」

A子は愕然とした。

「そんなことを私に黙っていたなんて。」 そんなつらい思いをしていながら、自分に何も言ってくれないことが悲しかった。 その日は、あらためて息子から聞き出そうという気力も湧いてこなかった。

翌日、A子はある人に電話をかけることを決意した。

その人とは、夫の先輩に当たるB氏だ。 A子は、B氏とは話したこともないのだが、1週間前に夫から B氏の名刺を渡された。 B氏は、夫が高校時代に通っていた剣道の道場の先輩である。

夫も20年くらい会っていなかったらしいが、夫が最近街を歩いていたら、 たまたまばったりと出会ったということだった。 久々の再会に盛り上がって喫茶店に入り、2時間も話したらしい。

B氏は、今は経営コンサルタントを仕事にしているそうだ。

夫の話では、B氏は心理学にも詳しく、企業や個人の問題解決を 得意としているとのこと。 そこで夫が息子のことを少し話したら、「力になれると思うよ。」と言って 名刺を渡してくれたそうだ。

夫は、その日、「お前の方から直接電話してみろよ。 話を通しておいてやったから」と、その名刺を渡してきた。

A子「どうして私が、そんな知らない人にまで相談しなきゃいけないの。 あなたが直接相談したらいいじゃない。」

夫  「俺が心配なのは、お前のほうだ。○○○のことで、 ずっと悩み続けてるじゃないか。 だから、そのことをBさんに相談したんだ。」

A子「私に問題があるっていうの?私が悩むのは当然よ! 親なんだから。あなたは一日中トラックに乗ってりゃいいんだから気楽よね。 実際に○○○を育ててるのは私なんだからね。 あなたはいっしょに悩んでもくれない。そのBさんに相談なんてしないわ。 どうせその人も、子育てのことは何も分からないに決まってるわ。」

そう言ってA子は、その名刺をテーブルの上に投げた。

しかし、昨日の出来事(近所の奥さんから聞いた話)があって、 A子はすっかり落ち込み、わらをもすがるような気持ちになっていた。 「こんな辛い思いをするのはイヤだ。誰でもいいから、助けてほしい。」 そう思ったときに、B氏のことを思い出したのだ。

幸い名刺はすぐに見つかった。

息子が学校に行って1時間くらい経ったころ、意を決して B氏に電話をかけた。

その時A子は、その日に起きる驚くべき出来事を、 想像だにしていなかった。 受付の女性が出て、B氏に取り次いでくれた。 A子は自分の名前を告げたものの、電話に出てきたB氏の声が とても明るかったので、「こんな悩み事を相談してもいいのか?」と いう気持ちになった。 次の言葉がなかなか見つからなかったのだが、B氏のほうから声を かけてきてくれた。

「もしかして□□君の奥さんですか?」

「はい、そうなんです。」

「あー、そうでしたか。はじめまして。」

「あのー、主人から何か聞かれてますか?」

「はい。ご主人から少し聞きました。息子さんのことで悩まれてるとか。」

「相談に乗っていただいていいのでしょうか?」

「今1時間くらいなら時間がありますので、よかったら、この電話で 話を聞かせてください。」

A子は、自分の息子がいじめられたり、仲間はずれにされていることを 簡単に話した。 そして、前日にあった出来事も。

ひととおり聞いて、B氏は口を開いた。 「それは辛い思いをされてますね。親としては、 こんな辛いことはないですよね。」

その一言を聞いて、A子の目から涙があふれてきた。 A子が泣き始めたのに気づいたB氏は、A子が落ち着くのを待って続けた。

「奥さん、もしあなたが、本気でこのことを解決なさりたいなら、 それは、おそらく、難しいことじゃありませんよ。」

A子は、「難しいことじゃない」という言葉が信じられなかった。

自分が何年も悩んで解決できないことだったからだ。

だけど、B氏の言葉が本当であってほしいと願う気持ちもあった。

「もし解決できるなら、何だってやります。私は本気です。 だけど、何をやれば解決するんですか?」

B氏「では、それを探りましょう。まず、はっきりしていることは、あなたが、 誰か身近な人を責めているということです。」

A子「えっ?どういうことですか?」

B氏「話が飛躍しすぎてますよね。まず理論的なことをじっくり 説明してから話せばいいんでしょうが、それをすると何時間もかかるし、 私もそこまでは時間がないのです。 なので、結論から話します。理論的には根拠のある話なんで、後で、 参考になる心理学の本など教えます。

結論から言います。

あなたが大事なお子さんを人から責められて悩んでいるということは、 あなたが、誰か感謝すべき人に感謝せずに、その人を責めて 生きているからなんです。」

A子「子どもがいじめられるということと、私の個人的なことが、 なぜ関係があるんですか? 何か宗教じみた話に聞こえます。」

(注:このあたりの理論的・心理学的な背景は、私のブログの 他の記事をご参照下さい。 このレポートの最後のページに情報を載せておきます。)

B氏「そう思われるのも、無理もないです。われわれは学校教育で、 目に見えるものを対象にした物質科学ばかりを教えられて育ちましたからね。

今、私が話していることは、心理学ではずいぶん前に発見された法則なんです。

昔から宗教で言われてきたことと同じようなものだと思ってもらったら わかりやすいと思います。私自身は何の宗教にも入っていませんけどね。」

鏡の法則2へ続く